" />
So-net無料ブログ作成

速報!王位継承権って何?(キャサリン妃が第二子出産) [外国]

連日日本ではキャサリン妃の第二子の名前予想が報道されていますが、
イギリス王室の世界的な注目度の高さを表していますね。


それはそうとニュースで報道されていた、王室皇位継承権第4位ってどのぐらいの意味だと思われますか?


王位継承権というものは君主制を取っている国で取られている継承を巡る争いをなくす為の制度です。


歴史上はイギリスも含め、中国・カンボジア・エジプトなど、もうドロッドロの争いが起きていた模様です。


多くの国では長男に第一王位継承権が与えられます。
そこから長男が不慮の事故などで亡くなったら、二男~とかいう感じになります。

イギリスには厳格には●●血を引いていなければならないとか
宗教は●●派であるとか厳密なルールがあります。


そんな中でイギリス連邦政府はその王位継承権について2013年に大幅が改正を行っているんです!


それは時代遅れのしきたりを崩すかのように、男女平等を掲げようというものでした。


その為、現在では男女問わず王位継承権は平等に決められることになります。
ですので今回のキャサリン妃の第二子にも適応されています。


因みに男子優位であった王位継承権は300年は続いていたようです!


男性女性適材適所はあると思いますが、しっかりした考えの持ち主でしたら、
性別は関係ないですよね!


この男女平等を含め様々な改正案は実は11回も連邦政府に出されていましたが、 却下されていました。

イギリス国内もキャサリン妃の出産によって良いムードがついている為、
追い風となり大まかには予想してできた改正なのかもしれませんね。

ですから、王位継承権第4位というものは、昔は女性であったためだけに
権利すら得られなかったかもしれませんが、現在は平等になった故の大きな権利という結論に至ります。

キャサリン妃が第二子を出産!性別関係なかった! [外国]




5月2日の朝、キャサリン妃が遂に第二子となるロイヤルベビーを出産されました!

性別は前々から報道があったとおり、やはり女の子とのことです!

それにしても、連日日本のニュースは何でイギリスのニュースを報道を頻発するのか
書きたいと思います。



正直日本に住んでいる状態で、 イギリスの王室なんて私の周囲を見てもだーーれも気になんてしていません。



しかし報道されるからには理由があるんです!


まずイギリスという国は現在の経済第1位であるアメリカをも植民地としていた国です。

アメリカ人もイギリスという国には親しみを多少なりとも他国と比べて感じやすいとのことです。



またイギリスは連邦制をとっています。
大英帝国時代にはイギリスの植民地支配を受けていた国が、
その後独立して加盟しています。

また他の共和制となった国々にも大きな影響もあるといえます。


まさに大きな意味で世界の中心との取れる王室なのです。



故にイギリス王室はパパラッチから幾度となく狙われており、
ゴシップの宝庫と化している時も多々あります・・・・



以前、キャサリン妃が育児をナニーの手を借りないで、
自分たちで(ひっそり)やりたいとの事を報道していた事もあり、
ゴシップには非常に敏感に対応しているのではないでしょうか?


因みに王室ファンなる人達が連日報道で映し出されるわけですが、
あの方々は言わばイギリス王室が自国内でも大変に興味をもたれる存在ということを意味づけています。


だからキャサリン妃の出産を待つ王室ファンの誕生日にケーキを送ったりして好感度操作しようとしていますね。



できるものなら、生まれたばかりの第二子にはゴシップはできるだけ経験させたくないもの。


小さいところからキャサリン妃を含め周囲の気遣いなのかもしれません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。