" />
So-net無料ブログ作成

雅子様のトンガでドタキャンを防止するためには? [皇室]


雅子様が2年ぶりに海外トンガに公務に行かれるそうです!

雅子様は病気療養中でしたが原因解明して回復傾向にあるのでしょうか? ドタキャンなんてありませんよね??

なぜ今回雅子さまは海外トンガ公務へ行くことに
決意したのでしょうか?


病気で療養中だった雅子様が
海外トンガ公務へ行く理由や病気の原因について調べてみました!



スポンサーリンク





雅子様がなぜ海外トンガ公務を決意したのか?



20061223_260878.jpg
http://nippon5374.jugem.jp/?eid=1253様より引用


雅子様といえば病院が原因で公務を休んでもう2年ですね。
早い早すぎる。月日の流れるのはこんなにも早いんですね。

今回の海外トンガ公務ですがオランダへ行っていましたね。

やはり海外公務というのは夫婦でそちらの国へ出向くというのが
敬意と信頼の表れであることから、
皇太子さまもできれば雅子様にいつでも来てもらいたかったと思っています。

今回のトンガですが、この国は大変な親日国として有名です。

日本はトンガに対して先進的な技術供与を惜しまず行っていることと
日本のトンガへ対する政府開発援助供与額は、
日本が行う海外の援助第3位に上がるほどの支援をしています。


トンガからは日本は大きく資源を輸入しています。

因みに現地では日本人が大変手厚くもてなされているようですね。


また皇室間も大変親密で雅子様には皇太子さまも是非きてもらいたかったでしょうね。
かなり配慮されているトンガ公務ですがドタキャンとか内容に注意してもらいたいですね。




スポンサーリンク





雅子さまの病気の原因は?



雅子様の病気の原因は適応障害とされていますよね。

この病気、適応障害とは


ICD-10(世界保健機構の診断ガイドライン)により

「ストレス因により引き起こされる情緒面や行動面の症状で、
社会的機能が著しく障害されている状態」と定義されています。



このように適応障害の病気が原因が雅子様の公務=社会的機能が障害されていたんですね。

また・・日本国民からすれば雅子様に公務をがんばってもらいたいと
思う気持ちがありますよね。

因みに雅子様の適応障害ですが
2000年のドタキャン騒動からの発症のようです。


適応障害という病気では
公務のストレスは一般人だった雅子様からすると大変な負担になっているんでしょうね。


今回の公務に対しても雅子さまには
病気に配慮がされていま様


病気の原因となるストレスをなるべく作らないように
トンガでは出席されるイベントを制限して公務を行うようですね。


もしかすると適応障害の中にはパニックなどもありますので、
突然のドタキャンなどで雅子さまの症状を見せたくないのかもしれませんね。

雅子様は皇族で日本の顔の一人ですので
ストレスが原因の病気であっても、ドタキャンなどはせず
周りには気丈に振舞わないといけないんですよね・・



一般人から皇族になった雅子様に対しては
病気による批判がありますが、
トンガではできる限りがんばってほしいと応援してしまいます。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

雅子さまの病気の症状はいつから? [皇室]

雅子さまついに2年ぶりの公務へ開始です!

皆さん雅子さまの病気が言われ始めて大分長い年月が過ぎましたよね。

適応障害・・・


そんな病気の症状をいわれた雅子さまですが、
いつから頑張っているか覚えていますか?




スポンサーリンク





雅子さまの適応障害とは?




PN2010020501000251.-.-.CI0003.jpg
http://matome.naver.jp/odai/2138655919387318601様より引用

適応障害と病気の症状を公表された雅子さまです。

この病気は外的・内的なストレスから社会活動が正常にできなくなる精神疾患の総称のようですね。


このギスギスとした現代社会において病気になっても無理はないですよね

私が思うに
皇室の仕事というのは拒否権がない仕事が多いと推測しています。


これだからこうやれよ。

のように自由がない。
一般人からの皇室入りした雅子さまにとっては
大変に窮屈でストレスになったものと考えています。

にしても雅子さまはご結婚されてから数年は病気の症状がでないで
公務を頑張っていたんですよ・・・


あの時までは


スポンサーリンク





雅子さまの病気の症状がでたきっかけ




香淳皇后のお葬式である斂葬の儀の欠席


なんだか硬い言葉ですね。

昭和天皇の奥様のお葬式に当たります。

TOPの奥様のお葬式に欠席!?なんて常識のない!!と
言われたと思いますよ。

これが2000年の7月に当たります。

この時、雅子さまは情報によると部屋にこもりっきりだったそうです。

違う筋からの病気の症状では
帯状疱疹がかなりでていたなど情報もありました。


公式には雅子さまの病気の症状は「夏バテ」
とされていましたが、
内情は穏やかではなかったのでしょうね。



そこから雅子さまの長い闘病生活が始まっているんですよ。
現在が2015年ですので、診断される前をあわせると
約15年病気の症状と戦っているんですね。


心の傾向はなかなか変えられませんよね。


今回の公務も雅子さまにしては、
かなりの努力の証なのかと推測します。

どうか雅子さまの病気の症状がでないように周囲は
サポートをしてもらいたいものですね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

雅子さまの病気の真実を公表! [皇室]

PN2013043001002453_-_-_CI0003.jpg
http://aikosama2015.blog.so-net.ne.jp/2015-06-04様より引用


雅子さまが2年ぶりに公務へ行かれるそうですね!

適応障害とされていた雅子さまですが、
この病気には実は真実があったんです。


皇室に入ってすぐに雅子さまには適応障害の病気名がつけられましたよね。

そこから長期の療養期間・・・

雅子さまの病気の真実について見解をまとめてみました。


スポンサーリンク





雅子さまの病気療養期間は?


雅子さまの病気である適応障害ですが、
治療期間を何年しているか知っていますか?


現在で12年目となるんです・・・涙

39歳のころからずっと適応障害が雅子さまの病気だといわれ続けています。

12年・・・この国の最先端である宮内省医師団は何をしているんでしょうか・・・?

精神系の病気ならそのストレスからの対処法をしっかりと
雅子さまに指導して寄り添いながら治療されるとおもうのですが・・・


最近は精神系の病気の医学も進歩して
薬剤を使いながらですが、かなり治療成績は伸びていると思います。

一般人の私からすると
宮内省の医師団が診断した病気 適応障害が本当に雅子さまの病態とあっているのかと疑問がでます。


確かに雅子さま自身のまじめな性格などの
もともとの病気に対する抵抗力が弱かったかもしれませんが。

本当に雅子さまの病気が適応障害が真実かどうか疑わしいですね。



スポンサーリンク





雅子さまがかかっている病気の真実




実は適応障害が病気の名前ではありません。


この適応障害に対しては2つの分け方があります。

症状を引き起こす原因がハッキリしている→適応障害

原因がわからない→うつ病


これが適応障害の真実です。

またICD-10(世界保健機構の診断ガイドライン)により

「ストレス因により引き起こされる情緒面や行動面の症状で、
社会的機能が著しく障害されている状態」と定義されています。


つまりです。雅子さまの病気の真実というのは、
医師団的には「病気の原因=ストレス」が判明しているから
適応障害と診断したと推測できます。


雅子さまの病気の原因がわからなければ「うつ病」と診断されますからね。

原因となるストレスがわかっているのならば
雅子さまに対処法を尚一層教えてもらいたいと本気で思ってしまいます。


心の病と世間では半ばうやむやに報道されていますが
名前の真実を知れば、疑問が浮かびますよね。


ただもしかすると宮内省の医師団も真実は判明しているけれど
雅子さまと一緒に本当に少しづつ前進しているのかもしれません。

すぐ治せよ!

というのは適応障害という病気に対しては確かに酷に思えますので
雅子さまには今回の公務についても少しづつがんばってもらいたいです。



ただ長期休業をしている病気の真実などを
もう少し国民に公表してくれてもいいのかなと個人的には思いますが。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。