" />
So-net無料ブログ作成
検索選択
土用の丑の日 ブログトップ

土用の丑の日とはを簡単に解説! [土用の丑の日]

20100921-unajyuu.jpg
http://www.ichi-mai.jp/unagiarimoto/様より引用

本日7月24日は土用の丑の日ですね!

ニュースではうなぎ特集がやっていますが、
土用の丑の日とはなんでしょうか?
実は私も知りませんでした。



そこで本日の土用の丑の日とはを簡単に
調べてまとめてみました!


今日はうなぎが食べたいですね!




スポンサーリンク






土用の丑の日とは何か?簡単に解説!



土用の丑の日とは、
どうやら古代中国の5行思想からくる考えのようです。

木火土金水なんてあれです。


そこで

木=春

火=夏

金=秋

水=冬

といったように四季をあてはめたようです。

あれ??土がないじゃないの??
と思うかもしれません。土は本来季節の変わり目を
示す言葉のようです。

ですので土用の丑の日とは季節の変わり目ですよ~!
という言葉をまず含んでいます。


次に丑の日ですが、
従来の日本では十二支で曜日を表していたそうです。
その中で丑の日という意味です。


また土用の丑の日を作ったといわれる
平賀源内曰く、うなぎと丑の日が語呂が良かったともいわれています。

ですので簡単に土用の丑の日をいいますと。


季節の変わり目の丑の日に
うなぎを食べようぜ!の日ということになります。


因みになんで土用の丑の日とは=うなぎとなったんでしょうね?

簡単に調べてみました。





スポンサーリンク






土用の丑の日=うなぎになったわけ


土用の丑の日とはうなぎを食べる!という日になっていますよね。

これは江戸時代から実はあったそうです。


暑い日になるとうなぎが売れなくなる事を嘆いた鰻屋さんが
平賀源内にアドバイスを求めたそうです。

その当時平賀源内は学者さんでしたので
夏バテにうなぎが効果あるんじゃね?と
鰻屋さんにキャッチコピーとともにアドバイスをしたそうです。


有名な学者さんが土用の丑の日にうなぎを食べたほうがいいと
言っている!!とそこから土用の丑の日とはうなぎを食べる日になったんですね。



因みに諸説あるらしいのですが、
私が調べた土用の丑の日とは簡単にいうとこんな感じでした。


いつも時代も夏は食べ物が売れなくて困っていたんですね。


それに比べて、現代の土用の丑の日は
うなぎを食べようとする人であふれていますね^^:


私もうなぎを食べたいのですが
最近簡単に手が出ない額になってきているので
土用の丑の日ぐらいしか食べれませんね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
土用の丑の日 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。