" />
So-net無料ブログ作成
東京五輪 ブログトップ

東京五輪エンブレム最終候補者の作品は? [東京五輪]

東京五輪のエンブレムでは
佐野デザイナーの案に決まりましたね。


どうも東京五輪エンブレムでは
問題が山積みのようですが、
どのように選ばれたのでしょうか?

佐野デザイナーの東京五輪エンブレムのほかにも
候補が2つあったといいます。


他の東京五輪エンブレム候補について
調べてみました。





スポンサーリンク






東京五輪エンブレム候補選定基準


■エンブレム選定について

エンブレムの選定にあたっては、国内外を代表するデザイナー個人による条件付き公募を実施。
2014年10月に国内外から104作品(内、海外から4作品)の応募をいただき、
永井一正氏(日本グラフィックデザイナー協会特別顧問)
を審査委員代表とする審査委員会(2014年11月17~18日)にて
「デザインとしての美しさ、新しさ、そして強さ。
そこから生まれる展開力。」を審査基準に、入選3作品を選出し、
うち1点を大会エンブレム候補と選定。
本年7月、IOC、IPC、東京2020組織委員会の承認を経て、
国際商標確認を終了し、デザイナー佐野研二郎氏の作品を、
東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会エンブレムとして決定いたしました。

https://tokyo2020.jp/jp/news/index.php?mode=page&id=1406様より引用


これによると国内外を代表とするデザイナーに限り
限定して応募が可能なのですね^^;


どうやら海外の方も普通に応募できたみたいで
今回東京五輪エンブレムが
日本人に決まったのは偶然だったようですね。


この決定をした
日本グラフィックデザイナー協会特別顧問 永井一正さんが
東京五輪エンブレムに思いを出しているんですが

あの1964年の東京五輪エンブレムが
国内外で大絶賛を浴びていたことを懐かしまれていました。


ですので審査で候補を選ぶにあたり
東京五輪エンブレムは本当に選ぶ人も思いを
こめた選定だったようですね。


スポンサーリンク






東京五輪エンブレムのほかの候補者の作品?



東京五輪エンブレムの最終候補には
佐野デザイナーのほか原研哉さんと葛西薫さんの3名が
残ったと調べることができました。



私もどのような東京五輪エンブレムが
最終候補に残ったかイラストを見たかったのですが
見つかりませんでした。


国内外から100点程度の審査ですが
国を挙げてのプロジェクトですので
発表前の東京五輪のエンブレムは
重要機密なのかもしれませんね。
残念です。


最後にですが最終候補の原研哉さんの作品の中に
長野五輪のエンブレムがありました!
(葛西薫さんの方はオリンピック関係の作品を
見つけれませんでした・・)

4.jpg
http://designcommittee.jp/member/hara_kenya.html様より引用

めっちゃ原研哉さん有名な方じゃないですか!


落選してしまったのは
残念ですが、日本人が最終選考に選ばれるということは
大変名誉な事だと思います。

この東京五輪エンブレム問題が
速やかに終わってくれることを願うばかりです。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

東京五輪エンブレム【1964】が洗練されてヤバイ! [東京五輪]

東京五輪に問題は山積みのようですね。


国を挙げてのイベントなので
エンブレムなどは非常に大切なのでしょう。

そういえば以前の1964年の東京五輪は
どんなエンブレムをしていたのでしょうか?


1964年東京五輪エンブレムについて
纏めてみました。



スポンサーリンク






1964年 東京五輪エンブレム画像を公開!



1964s_emblem_bjpg.gif

olympic_emblem_large.png
http://www.huffingtonpost.jp/2015/07/24/2020-1964_n_7863640.html様より引用



1964年の東京五輪のエンブレムですが
なんというか日本らしいですね。


白地のバック赤い日の丸と五輪のロゴ
黒字で東京の文字。
とても力強さを感じるロゴだと思います。

今見てもかっこいいと感じるのは
1964年の東京五輪のエンブレムが
優れている証拠ですね。
1964olympics1.jpg
http://m-shidara.cocolog-nifty.com/blog/2013/09/index.html様より引用


更にこの東京五輪エンブレムですが
いたるところに使われており、
選手の写真を邪魔しないエンブレムなんですね。

どの選手の画像にも
ぴったり合います。


この1964年東京五輪のエンブレムですが
一体誰がデザインしたのでしょうか?


調べてみると
今でも使われているあのエンブレムを作成した人でした。


スポンサーリンク






1964年東京五輪エンブレムのデザイナーは誰?


1964年の東京五輪のエンブレム
をデザインしたのは亀倉雄策さんという方です。


1960年に日本デザインセンター設立
1961年に文部省芸術選奨大臣賞受賞など
数々の賞を取っている知名度抜群の人だったんですね。


82歳で亡くなられているようですが
私たちの身近に亀倉さんの作品は溢れています。


glogo200_200.jpg
http://www.g-mark.org/様より引用



61430.png
http://dic.nicovideo.jp/a/%E6%98%8E%E6%B2%BB(%E4%BC%81%E6%A5%AD)様より引用



グッドデザイン賞と明治チョコのエンブレムです。


有名すぎますね。
探せばもっといくらでもでてくるような方だと思われます。

1964年の東京五輪のエンブレムもすごかったですが、
作品に込められた意味が
シンプルでわかりやすいエンブレムを作成する方だったんですね。


1964年の東京五輪のエンブレムから
亀倉さんを調べることができて
日本人すげーな!と再確認できてよかったです^^;

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

東京五輪エンブレムの評判に物申す! [東京五輪]

東京五輪は問題が山積みですね!


建設費の問題が終わったら今度は
エンブレムでも問題がでましたね・・・


東京五輪でのエンブレムは
パクリ疑惑がでていますが、
結局ところ評判はどうなのでしょうか?



東京五輪のエンブレム問題の
現在での評判を冷静に考えてみました。



スポンサーリンク






東京五輪エンブレム問題とは?


96958A9E93819695E0EB9A95EA8DE0EBE2E5E0E2E3E7E2E2E2E2E2E2-DSXMZO8991194029072015CR8001-PN1-7.jpg
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG29HG8_Z20C15A7000000/様より引用


東京五輪エンブレム問題とは

日本のデザイナーが作成して
国際的な商標登録の手続きを経てエンブレムを発表した後に
そっくりなロゴがでてきてしまった件ですよね。


それに対してネットやニュースでは
東京五輪エンブレムは盗作だ!と
評判コメントが上がっています。



このエンブレム作者は佐野研二郎さんと
いうデザイナーで結構著名な方のようですね。


現在では東京五輪エンブレム問題で
各方面から厳しい評判が飛ぶ中
ツィッターやFacebookを閉鎖して
黙秘をしていますね。


この東京五輪エンブレム問題の
佐野研二郎さんによる公式のコメントは
まだ無いようですね。



スポンサーリンク






東京五輪エンブレム問題を考える。



パクリ疑惑が出ている
東京五輪エンブレム問題ですが
確かに見た目は見ていますよね。


このデザイン業界の「パクリ」についてですが、
実は結構あることです。



むしろ無い方がおかしいぐらいのものです。


売れているデザインの服があれば
それの少し違う服を作成する。
最先端からずらしたデザインを作成する。


こんな事はどこの業界でも日常茶飯事です。


デザインの業界の駆け出し時期では
売れているデザインの模写から始めるぐらいです。


今回の東京五輪エンブレム問題の
評判はきついものがありますが、
私はこのデザインを持つ意味を考えたいと思います。

佐野研二郎さんが作成した東京五輪エンブレムの
持つ意味は東京 チーム トゥモローの「T」が
強調されるのでしょうね。

それに比べて海外のデザイナーのロゴは
「I」が強調されています。


デザインは確かに何かのきっかけ
なのかもしれませんが、
意味が全く違うため、
東京五輪エンブレムとしては
これは良いのではないでしょうか?



それこそ世界全体を探したらそっくりなデザインなんて
星の数ほどあります。

パリコレの服なんてパクられまくりですよ^^;


評判だけを聞いて
佐野研二郎さんを責めるのではなく、
東京五輪エンブレム問題を冷静に見る力が必要と思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
東京五輪 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。